【買い物】お祭り縁日のような空間を演出!堅田の「駄菓子屋 二丁目商店」でたこせん!

  • URLをコピーしました!

どこか懐かしい駄菓子屋さん。

昔は家の近所にあって、学校帰りに立ち寄ったものですが、今ではすっかり見かけなくなりましたね。

そんな昔懐かしい駄菓子屋さんを、あえて開業されたお店が大津市堅田にあるのをご存知でしょうか?

目次

「駄菓子屋 二丁目商店」

「駄菓子屋二丁目商店」さんは、大津市堅田にある駄菓子屋さんで、11年ほど前に開業されたそう。

今堅田二丁目にあるから”駄菓子屋二丁目商店”なのか、ネーミングもまたいい。

堅田の住宅街のなかにあるため、一見さんでは発見しにくい場所にありますが、地元の子どもたちに愛されているお店です。


堅田のお洒落な雑貨・家具のSTYLE9さんの近くです。


店舗前には車が2台駐車できるスペースがあるので、遠方からお越しの方も安心して利用できますよ。

基本情報
名称 :駄菓子屋二丁目商店
住所 :大津市今堅田二丁目2-27
電話 :0775-73-2388
定休 :日・月・火・祝
営業 :水・木・金・土

お祭り縁日のような雰囲気に演出♪

外観は普通の住宅?のように見える”二丁目商店”さんですが、少し照明をおとしたやわらかい灯りの店内に一歩入ると、そこはお祭り縁日のような雰囲気♪

裸電球に照らされる木目の店内に、赤いのれんがノスタルジックな空間を演出していています。

所狭しとお菓子や玩具が陳列されている姿は、駄菓子屋ならではの日本の伝統文化。

子どもだけでなく、大人の方もどこか懐かしい気持ちに心奪われますよ!

二丁目商店”名物 たこせん”!

たこせんの上でお好み焼きソースにマヨネーズが絡み合う絶妙な味わい。

たこせん+ソース+マヨネーズ+天かすのせで税込86円。


ソースやマヨネーズがたこせんの淵までかかっていないことも、手の汚れが少なくてすむ配慮から。

天かすはあとのせで、マヨネーズやソースの上に乗っかりポロポロと落ちないから安心。


手でパリっと砕いてはボリボリ…この歯ごたえがクセになる。

昭和・平成が終わり、街角の駄菓子屋さんの減少傾向が続いているなか、
あえて駄菓子屋さんを開業された二丁目商店さん。
理由は「子どもに喜んでもらいたかったから」だと話しておられました。


珍しくて暖かくて、ちょっと懐かしくもある、

古き良き駄菓子屋文化が続いていくことを願い、応援したい気持ちになりました。


皆さんも、お近くをお通りの際は是非立ち寄ってみてくださいね。



この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次