【観光】滋賀 長浜 | 滋賀のラピュタ⁈ 土倉鉱山跡 明治・大正・昭和の産業遺産(木之本町金井原)

土倉鉱山 長浜観光名所 滋賀のラピュタ
  • URLをコピーしました!

岐阜県との県境、滋賀県長浜市の木之本町金居原(かねいはら)に“滋賀のラピュタ”とも呼ばれる「土倉鉱山跡」があります。

目次

土倉鉱山(つちくらこうざん)とは

明治から昭和中期にかけて、銅の採掘が行われてきた銅鉱山です。

明治に発見され、最盛期の1956年(昭和31)には400戸、1500人ほどが生活していたそうです。



当時は周囲に学校や病院、スーパーや銭湯、映画館まであり、麓の町よりも栄えていたとか。


その後、鉱質の低下により1965年には閉山された産業遺産です。

地名の”金井原”は、周辺に鉱物が埋蔵されていたことに由来しているのだとか。

名称土倉鉱山跡
住所滋賀県長浜市木之本町金居原

現在の土倉鉱山跡

現在は、木造の事業所や住宅などは朽ちて失われてしまいましたが、巨大なコンクリート構造物の遺構が山中に残されています。

風雨に耐え、限定も残る日本の産業遺産として観光に活かせられないかと思うほどの立派な廃墟です。

まとめ

土倉鉱山跡は閉山から55年以上を経て、深い木々に覆われた姿は、まるで自然と融合し森に還ろうとしているかのようです。


その姿が「滋賀のラピュタ」や「湖北のマチュピチュ」のよう、と人気を集めています。
(老朽化により、建造物への立ち入りは禁じられています)

▸周辺の見どころ
 ・メタセコイア並木(滋賀県の有名紅葉スポット)
 ・【特集】滋賀県の道の駅16選
 ・絶叫ブランコ(ビラデスト今津の新名所)
▸周辺で食事
 ・ビーパス年輪(食べきれないボリュームのクレープ)
 ・あんびゅう(南彦根で大人気の創作料理店)
▸水遊び
 ・マキノサニービーチ(湖北にしか見えない景色)



土倉鉱山 長浜観光名所 滋賀のラピュタ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる