【和倉温泉】「湯元の広場」で温泉たまごにチャレンジ!

和倉温泉 感光 湯元の広場
  • URLをコピーしました!

日本でも珍しい”海の温泉”が湧き出る和倉温泉。
この温泉街の中央付近に位置する「湯元の広場」では、自分で温泉たまごを作る体験ができるスポットがあります。

基本情報
名称  : 湯元の広場
住所  : 石川県七尾市和倉町
利用料金: 無料(別途生卵代)

目次

湯元の広場

「湯元の広場」は、和倉温泉のホテルが立ち並ぶ温泉街の中央付近で、加賀屋さんの前にある大きな岩のモニュメントが目印です。
開湯伝説にちなんだ2羽のシラサギの像がある湯壺が「涌浦乃湯壷(わくうらのゆつぼ)」といい、泉飲したり
温泉卵を作って楽しむことができます。

泉飲用の柄杓や温泉卵を作る用の籠もありますよ!

アイコン
パパのメモ

生卵はどこで買う?

生卵は向かいのおみやげ屋さんや通りのどんつきのスーパーで購入できて、ネットに入れてくれます。

おみやげ屋さんだと1個40円、スーパーだと4個100円のネット入りで温泉卵が買えました。

いざ温泉たまご作り!

作り方は、この籠に入れるかネットに入れたままの生卵を湯壺にゆっくりおろします。

源泉は高温なので、火傷には十分に気をつけくださいね。

アイコン
ママのメモ

茹でている間はそばのベンチか、界隈をお散歩して楽しんでもいいですね。

そして待つこと12~15分漬け置くと温泉卵ができあがり!
塩分の効いた泉質なので、ほんのりと塩味のつく温泉たまごが出来上がります。
塩は付けずにそのまま食べれました。

地元の方々もここにパックで買った生卵を持ち込み、1週間分の温泉卵を作っているの、とおっしゃってました^ ^

季節や場所により温泉たまごが仕上がる時間が異なります。

それも楽しめるオリジナルの温泉たまごに挑戦してみませんか?

【特集】開湯1200年の海の温泉
和倉温泉 一泊二日モデルコースはコチラ


▸Day1 ~歩いて観光する和倉温泉~
 なまこや海ごちそう
 妻恋舟の湯
 お祭り会館
 宿守屋寿苑

▸Day2 ~レンタサイクルで目指せ能登島~
 レンタサイクル
 湯元の広場
 能登ミルクファクトリー
 能登食彩市場
 野趣あふれる浜焼き



和倉温泉 感光 湯元の広場

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次